2006年09月30日

ティンカーベル

ウェンディを本気で殺そうとしたよね。そのこころ「嫉妬」のみで。
posted by ひびき at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校の古典の授業で六条御息所の話を読んで、
なんて怖いおばさんだって思ったけど、
いつの間にかあの気持ちが理解できるようになっていた。
まあ、あたしだったら光源氏を殺すけどね。
Posted by ハチ。 at 2006年10月01日 00:04
六条御息所は無意識の生霊だもんね。
あたしもどっちかといえば光源氏のほうが呪い殺したくなるだろうな。
すべての女を平等に愛したって紛れもなく嘘だと思うし
Posted by ひびき at 2006年10月01日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。